SO SAN STYLE Policy

今治タオルのおはなし

タオルの聖地、今治から

日清戦争が始まった1894年(明治27年)から120年余り、今治タオルは今や世界のブランドとしての地位を確立し、タオルに縫い込まれたロゴマークはジャパンクオリティーの代表作として私たちの目にするところとなりました。
シンプルで日本的なデザインのロゴマークに込められた思いは、
赤 世界の注目を集め、日本を象徴する商品であること。作り手の商品に対する情熱。
青 今治タオルの歴史と伝統。品質と安全、信頼性を表現。
白 タオルのやさしさ、やわらかさ、清潔感と今治タオルの無限の可能性を表現。

今治タオルのこだわり

今治タオルとは、
今治市で製造されたタオル全体を指す地名+製品名ではありません。
愛媛県今治市で製造されたタオルの中でも、四国タオル工業組合の定める厳しい基準をクリアした製品だけにつけることのできるブランド名です。
たとえば、、「5秒ルール」、
タオル片を水に浮かべて5秒以内に沈み始めなければならない...というローカルルール等です。

SO SAN STYLE チョイスの今治タオル

と、いってもやはり日本最大のタオル産地である今治には多くの今治タオル認定工場があります。
わたしたちが出会ったのは主婦たちだけで自社のMDを開発しているというクレシェンド有限会社。その中で上位モデルのプラチナ(Platinum)シリーズを販売することになりました。
1.一番人気のグレーを筆頭にエンジ、ネイビーが大変魅力的。
清潔感を求めるあまりに淡いカラーが主流の今治タオルの中で、目に飛び込んできたこの3色、あえて濃いカラーリングに挑戦しています。白、ピンク、ブルーももちろんあります。
2.限りなく無撚糸に近いやわらかさ
今治タオルの人気はなんといってもやわらかさ。特に無撚糸タオルは感動モノです。でも、あえて糸を撚ったタオルで限りなく無撚糸に近づいた妥協しないモノづくり。どうしても毛羽落ちが避けられない無撚糸タオルは洗濯するたびにフィルター掃除となりますが・・・
3.永く愛して...経済的
細い糸で目の詰まったタオルは硬くて重くなりがちですが、ふっくらしなやかな肌触りと抜群の吸水力は今治タオルの最大の特徴です。さらにプラチナシリーズは繰り返しの洗濯でも風合いは変わらず、薄くもならず、色落ちも心配ありません。長く使えてとっても経済的です。

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 出荷休み

ページトップへ