SO SAN STYLE Policy

羊毛ふとんのこだわり

SO SAN STYLEでは天然素材で気持ちよく眠るをテーマにビラベックの羊毛ふとんを選びました。
マットレスの上にはウールの敷きパッド、羽毛ふとんの中にはウールケットがおススメです。

1.とってもやわらかく通気性抜群!
SO SAN STYLEのビラベック羊毛ふとんはとてもやわらかくしなやか。触ってみると生地を通して中のウールのやわらかさが伝わってきます。使っている生地はマコ・トリコットと呼ばれるエジプト綿の伸縮性のあるニット生地です。この生地が薄くてホントにやわらかいんです。その生地の通気性は日本で販売している羊毛ふとん・羊毛パッドの生地に比べて抜群の通気度です。だから寝ている間の汗の湿気をすぐに通していつでもサラッとしています。

2.ムレ感のないあたたかさが自慢です。
SO SAN STYLEで販売するbillerbeck(ビラベック)の羊毛ふとん・羊毛パッドのウールは健康に生きた羊のメインボディーだけを使用して薬品加工をしていません。
薬品加工されていない毛繊維は全ての繊維の中でもっとも吸湿性発散性に優れています。羊さんもラクダさんも馬さんも、そして人間でも毛の基本的な構造はいっしょで、表面をうろこ状の油脂分で覆って水ははじき、うろこ部分から水蒸気だけを取り込む仕組みになっています。なので、湿気は繊維の奥に閉じ込められ表面はサラッとするのです。さらに湿気を吸うとき吐き出すときに熱を発するのでほんのりあたたかく感じられます。

3.ドイツで生まれて70年!何も変わらないこだわり
SO SAN STYLEの羊毛ふとん・羊毛パッドはヨーロッパの寝具メーカーbillerbeckのドイツ工場で作られます。billerbeckドイツ工場はフランクフルトから南へ約120kmのドイツ情緒あふれる閑静な住宅街のはずれにあり、寝具メーカーとして90年以上の歴史のある会社です。ドイツ工場では主にウール、カシミヤ、キャメル等の獣毛ふとんとポリエステルふとんを中心に製造しています。
ビラベックは今から約70年前(1948年)に寝具メーカーとして初めて羊毛ふとん・羊毛パッドを商品化し、日本の羊毛ふとんのモデルにもなりました。それから形を変えることなく現在に至る...本物の羊毛ふとんです。

☆☆☆ビラベック羊毛ふとんのご使用方法とお手入れ☆☆☆

[羊毛敷きパッド]
□ どんな素材のマットレスでも羊毛敷きパッドを使いましょう
コイルスプリングのベッドマットレスでもウレタンフォームのマットレスでもマットレス自体は基本的に吸湿発散性はありません。ビラベックのウールの敷きパッドで気持ちよく、あたたかくおやすみください。
伸縮性のあるニット面を必ず上にしてご使用ください。

□ シーツをかけてお使いください。
通気性に大変優れた敷きパッドですので、通気性の良いニットシーツ等をお勧めします。BOXタイプのワンタッチシーツでマットレスと一緒に包んでしまいましょう。

[羊毛掛けふとん]
□ 夏はサマーケットとして冬にはインナーケットとして使えます。
薄手の肌掛けふとん(ゾマースペシャルまたはゾマーライト)は暑い夏には1枚でご使用ください。エアコンの冷気から身体を守ります。
寒い冬には羽毛ふとんの中にインナーケットとしてご使用ください。羽毛ふとんの嫌なムレ感から解放されます。
羽毛ふとんを使わない方は2層構造の厚みのある掛けふとん(ドライコーポゾーネン)を冬掛けふとんとしてお勧めします。

□ 通気性の良いカバーをかけてお使いください。
ふとんの汚れと生地の劣化防止のために必ずカバーをかけてご使用ください。羊毛掛けふとんの通気性を損なわないようガーゼカバーやボイルカバーがおススメです。

[羊毛ふとん共通]
□ 天気の良い日に天日干ししちゃいましょう
お掃除の合間やカバーお洗濯時には短時間でいいので天日干しして中の湿気を抜きましょう。また夜には気持ちよく使えます。

□ 羊毛ふとんのお洗濯
品質表示上ではクリーニング店でのドライクリーニングとなっていますが...洗濯知識が少しあればご家庭でもお洗濯可能です。
ドライ洗剤と水(お湯はダメ)でのつけおき洗いと三角干しで最後にふとんの寸法を整えてください。

□ アレルギー体質の方でもご使用いただけます。
Tシャツとウールのセーターを着れる方ならご使用いただけます。
ただし、天日干しの際に花粉が付く、生地や中のウールが毛羽立ってハウスダストのアレルゲンとなることがありますのでご注意ください。

□ 虫食い注意...
長期間使用しない時にはよく干してから、通気性のあるシーツ等で包んで防虫剤を入れて保管してください。薬品加工をしていないのでもちろん防虫加工はありません。大切なコートと同じように保管してください。

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 出荷休み

ページトップへ